ディズニーに行く資格とは

暇なのかと聞かれれば、暇としか答えられないわけですが、でも本当になにもしていないかといえば、そんなこたないわけですよ。

ただ堂々と言えるようなことしてないから便宜上、暇って言ってるだけです。

 

たとえばね、ディズニーランドにだって行こうと思えば行けるんです。

関東住まいだし、友達がいないわけでもないし、お金も同年代平均くらいはあると思うんですよ。

 

本気出せばね、毎月1回、なんなら2回行っても大丈夫なんですよ。ちょっと途中人手不足になっちゃうかもしれないけど、社会人の義理と人情と女子会って言葉の強制力と、まぁ最終最後は金で釣るなんてこともできるわけ。

で、でね。

行く?っていうね。

「週末ディズニー」から得るものは、3時のお昼寝よりも価値があるのかっていうそこなんです。

 

10時に起きて、12時に仮眠して、15時にお昼寝して18時から読書するのと、10時に起きて、12時にディズニーついて、15時にミッキーと握手して18時からライトアップ見るのどっちがいいかっていう。

世のお父さんの1/3と独身30代女性の1/2くらいはわかってくれると思う。

寝てたいでしょ?

平日働いて土日にそんな気合いれられないでしょ?

仮にもミッキーに対面したからには、性別:女のたしなみとして笑顔を浮かべないわけにはいかないけど、ミッキーの握手の魔法は眼精疲労には残念ながら無力。無理でしょ?

っていうのをね、正直に話すと「なら行かなきゃいいじゃん」ってなるじゃない。私もそう思うの。

だからね、行かないの。

 

ディズニーに行くって選択肢もある。選んでないだけ。

一日、寝たくて、寝てたの。

嘘はつくのも面倒だから正直に言ってるだけ。

 

暇なの?って聞かれたら暇だっていうけどね、

でも、どこかに行く暇は、ないの!

寝るための、暇なの!